Laboratory /クレヨンとオイルパステルの知識 【成分】 ホーム

用語 / 歴史 / 成分 / 作り方 / 安全性
【クレヨンとオイルパステルの成分と配合 】

 主な成分としてワックス、オイル、顔料、体質顔料から成る。
このほかに、水性クレヨン(落書きクレヨン等)には、界面活性剤と水溶性高分子が、プラスチッククレヨンには、熱可塑性プラスチック(ポリエチレンなど)が入る。
 オイルパステルは、オイルと体質顔料の割合が多く、軟らかくなっている。
 中でも、専門家用のものは、顔料の割合が多く、また、高級な顔料を用いて耐光性が良くなるよう留意されている。
 これに対し、子供用のものは、発色が鮮やかで安価な顔料を使い値段を抑えている。
 また、クロム、鉛やカドミウムなどの有害重金属を含む材料は、一切使われない。


"ワックス"  棒状に成型し、紙に書けるようにするための基材
外観    例 原料 用途例
ワックス
粉末やフレーク状もある
パラフィンワックス 石油系 化粧品、ろうそく、紙
ステアリン酸 動植物系 化粧品、ろうそく
硬化油 動物系 マーガリンなどの食品
マイクロワックス 石油系 ゴムや絶縁材
ケトンワックス 動植物系 靴墨
*ワックスについてさらに詳しく→http://www.seiro.co.jp(日本精蝋)


  滑らかな書き味にするための"オイル"
外観  例  原料 用途例
透明
液体
流動パラフィン  石油系 化粧品、パンや焼き菓子などの離型材
スピンドル油(現在は使われない) 石油系 機械の潤滑油


色をつける ための"顔料"
外観 原料 用途例
顔料
微粉末
有機系:マゼンタ、フタロシアニンブルー、ハンザエロー、カーミン等 石油系 インキ、塗料、プラスチック、絵の具
無機系:群青、弁柄、鉄黒、紺青等 鉱石系 同上


硬さ調整・油じみ防止のための"体質顔料"
外観 原料 用途例
白色粉末 タルク 滑石 化粧品、ベビーパウダー
炭酸カルシウム 石灰石 化粧品、紙、チョーク


クレヨンとオイルパステルの配合
クレヨン 重量部 オイルパステル 重量部
パラフィンロウ50 カルナバロウ20
硬化油30 硬化油20
木ロウ10 木ロウ10
カルナバロウ10 ヤシ油50
酸化チタン20 酸化チタン40
   炭酸カルシウム50
(引用文献 : 油脂化学製品便覧 昭和38年版)
*上記のカルナバロウ・木ロウ・ヤシ油は、今では、石油系の材料に置き換わっている。
home / top / next

│ Atelier │ Laboratory │ Products │ Annex │ Link  │ BBS │  Curator │