Still 4[静物画 4] 描画技法のメニューに戻る/ステップ 1<< 2<< 3<< 4

STILL LIFE STEP 4

still 4

Now is the time to take a careful look at stage 3 and analyze your painting. Finally we can enjoy working out the finer elements of the still life. Starting with the pumpkin, you will notice that 5C1 (Cadmium Yellow) enriches the color of the pumpkin. I had used it generously all over the pumpkin, especially in the upper part and somewhat less in the lower sections. I now, however, develop the reflected color area -- I use generous touches of 20A1 (Purple) in the shadow areas of-the pumpkin.

I reinforce the red areas of the apples with this same 20A1 (Purple) and reinforce the transition areas between the red and green with neutral color 32C4 (Non-color # 2) exactly as I had done in stage 3 but with more deliberate modeling now.

Still Life Step 4 Close-Up

I now model all of the objects more carefully than before, by making the differences between the dark and light areas much more pronounced.

I shape up the leaves on the apples with touches of 32B5 (Non-color #,2) and some touches of 10A1 (Cadmium orange) and 5C1 (Cadmium Yellow). I also find 26C5 (Light Raw Sienna) very helpful in this modeling. To indicate the stems and the vein details of the leaves, I use 32B5 (Non-color #2).

Now is the time to make clear the position of the objects in relation to space. That is, we want to make the foreground apple appear to be truly in the foreground, and we want to make sure that the other apples in fact recede toward the background. This is done again by carefully varying the contrast between lights and darks (objects in the foreground appear lighter than those in the background) and by smoothing and sharpening the edges of objects in the foreground, keeping receding object edges relatively soft.

The texture on the leaves is now fully developed, primarily by stroke variety and painting in vein detail. In contrast to the relative development of the pumpkin and apples, the drapery appears to me to be sufficiently developed already for its purpose as background. My analysis of the painting thus tells me not to overwork this area.

If you look carefully at this point, you will notice that the surface of the paper was left untouched in several areas of the drapery. On the other hand, the pumpkin and the apples have been painted as completely as possible and almost no paper shows through. This gives much stronger emphasis to the pumpkin and apples, and leads to an interesting visual excitement.

One more time, stop painting and look at your work. Review it with an analytical eye and revise anything that does not contribute to the total effect. We are in the final stage of completing the painting, and it is now or never time!

As the final touch to this still life, I paint in the highlights. Observe particularly carefully the shape and intensity of the highlights. Remember, that in the whole composition, there can be only ONE BRIGHTEST HIGHLIGHT, regardless of the number of objects depicted.

For my less intense highlights, I chose 32B5 (non-color #2). For my brightest highlight, on the foreground apple, I first used that same 32B5, but then reinforced it with pure white 32A5 (Non-color #1). The highlights on the pumpkin I painted first with 5A5 (Light Hansa Yellow), then reinforced with a touch of white.

There you have it -- a fine still life painting and a beginning grasp of this wonderful medium, Holbein Professional Oil Pastels! Congratulations!

静物 ステップ4

ステップ3まで進んだあなたの絵を注意深く観察し、分析しよう。 我々は、静物画の細かなところまで、最後まで楽しみながら仕上げることができるだろう。

かぼちゃにおいて、あなたは、5C1(カドミウムイエロー)がかぼちゃの色を豊かにするのに気付くだろう。私はかぼちゃ全体にわたって気前よくその色を使用した。特に上部でたくさん、下部で少なめに使用した。この色を使ったのは、光が反射しているところだ。

私は、かぼちゃの影の部分を20A1(パープル)で惜しげなく描き込む。 私はこの同じ20A1(パープル)を使いりんごの赤い領域を補強する。さらに、中間色32C4(無彩色# 2)を使い、赤と緑色の間の色が移り変わる領域を補強する。ただし、私がステップ3で行ったときよりも慎重に。

いまや、私は、以前より慎重に、モチーフのすべてを造形する。明るい部分と影の部分の違いをよりはっきりさせることによって。

私は32B5(無彩色#、2)と10A1(Cadmiumオレンジ)と5C1(カドミウムイエロー)を使い、りんごの葉の形を整える。26C5(明るいローシエナ)が、この造形に非常に役立っているのがわかる。 茎と葉脈の細部を表現するために、私は32B5(無彩色#2)を使用する。

今は、空間との関連において、モチーフの位置を明確にする時である。 つまり、我々は前面にあるりんごを本当にそこにあるように見せたい。そして、確実に、他のりんごが背景に向かって引っ込むようにしたい。明るいところと影のコントラストを変化させることで、位置関係が明確になる。(前面のモチーフは、後ろのものより明るく見える)そして、前面のりんごの輪郭をなめらかにかつシャープにし、後ろのものの輪郭を比較的ソフトにすることで、前後関係が明確になる。

主として葉脈が細かく描かれたことと多様なストロークによって葉の質感は完成した。 かぼちゃとりんごを描き進んできたので、背景としての布地もその目的を十分果たしているように見える。もうこれ以上、ここを描き込まないほうが良い。

注意深く見ると、あなたは、布地の所々が手をつけられずに、紙の表面が見えていることに気付くだろう。一方、かぼちゃとりんごはできるかぎり完全に塗りこまれた。そして、紙は、ほとんど透けて見えない。このように、かぼちゃとりんごをかなり強調したので、見ていてわくわくするほどだ。

もう一度、絵を描くのを止め、あなたの作品を見なさい。 分析的にそれを見直しなさい、そして総合的な効果に貢献しないものは何でも修正しなさい。 我々は、絵を完成する終段階にいる。今こそ正にそのときだ。!

この静物への最終的なタッチとして、私はハイライトを入れる。 ハイライトの形と強さを特に注意して見なさい。 モチーフの数にかかわらず、全体の構成の中で、最も明るいハイライトは、ただ一箇所しかないことを覚えておきなさい。

少し抑えたハイライトのために、私は32B5(無彩色#2)を選んだ。 手前のりんごの最も明るいハイライトのために、私は最初にその同じ32B5を使用したが、さらに純白32A5(無彩色#1)を使いそのハイライトを補強した。 以前、かぼちゃのハイライトに5A5(明るいハンザエロー)を使ったが、さらに白を加えて強調した。

ここに、すばらしい静物画が完成し、あなたは、オイルパステル画の道を歩き始める。 おめでとう!