Landscape[風景画] 描画技法のメニューに戻る/ステップ 1<< 2<< 3<< 4

Landscape Demonstration(原文)

Step 4

landscape step 4

In this, the final stage of the landscape painting, we are going to refine many areas of the painting. We will further indicate critical detail, we will accentuate different textures, we will put in those all important highlights.

I first further define the cloud formation and soften some edges where the water is in the shadow, by doing very soft blending with a paper towel tool folded very few times. As you can see, this produces the most minimal of blended soft edges. I slightly soften some of the harder edges of the sails with this tool too.

I begin putting some highlights with a sharpened piece of 5A5 (Light Hansa Yellow). I place these on the paddle wheel and some of the flags. I particularly use this color on the flag on the rear of the ship to separate it better from the American flag.

I progress in my highlights to using 5A1 (Hansa Yellow). I suggest the golden hue on top of the structure, the captain's bridge. I suggest the decoration that was painted on the craft with this same 5A1. I touch up the reflections in the water also, to suggest that they arc in fact reflections of the boat's superstructure. I finally indicate the shiny brass of the flagpole with a sharpened piece of this stick.

For the red decoration that runs along the body of the vessel, I use 13C1 (Permanent Red), again cut to an ultra sharp edge. I use 32C1 (Warm Gray) to suggest a few flags on the other ships. I am careful that all flags fly in the same direction, as the wind would blow them. Even though one might think this is a rather dark color for flags, in fact it contrasts very well with the darkness of the water. I even use this color to suggest the ripples caused by the boats propelling through the water.

I choose 32A5 (White) to accentuate the lighter highlights in the scene. I touch the surface of the water where the ships meet water, and a few fluttering flags.

I now use an etching technique to indicate special textures and the sharpest of details. For this you need a single edged razor. I carefully scrape a very hard edge on the foreground sail. I then do a bit of cross hatching type of scratching to indicate the canvas texture of the sail itself. Note, as you use etching techniques, that these require a fairly heavy buildup of oil pastel to be effective. The heavy oil pastel cover also protects the surface of the paper underneath from inadvertent damage from the blade.

At this point, take a break and come back to analyze your painting with a fresh eye. When I did so, I decided to include some human figures to make the whole scene more exciting and to reinforce the scale to the landscape elements. I used my china markers to establish the figures, sailors on the boats. Control your pressure carefully when using china markers -- they break easily.

There you are -- a bit of work, but it was worth it! You have a lovely landscape painting, and a new found expertise in oil pastel painting. I am looking forward to hearing from you and even helping exhibit your work! I can be reached at the following address:

John T. Elliot, opa
Oil Pastel Association
Box 587
Nyack, New York 10960

風景画デモンストレーション

ステップ 4

この風景画の最終ステージでは、絵のあちこちの個所を仕上げるつもりである。我々はさらに重要なディテールを示し、異なった質感を強調し、それらすべてに重要なハイライトを入れるつもりである。

私は、雲の形をさらにはっきりさせる。また、ほんの2〜3回折り重ねたペーパータオルを使い水に映った雲の輪郭をそっとこすって混色する。見てわかるように、この方法は、最小限の混色を行って輪郭をやわらかに表現する。私はこのツールを使い、帆の硬そうに見えるいくつかの輪郭も少しだけぼかす。

私は5A5(明るいハンザエロー)の鋭くカットされた一片を使い、いくつかのハイライトを入れ始める。私は船の水車といくつかの旗にハイライトを入れる。私は、船の後部にある旗がアメリカ国旗といっしょくたんに見えないように、その旗にこのイエローを使う。

次は、ハイライトに5A1(鮮明なハンザエロー)を使用する。私は船体の一番上にあるキャプテンブリッジにこの色を使い金色に見せる。私はこの同じ5A1を使い船に塗装された飾りを描く。水に写っている船の上部構造に当たる部分を水の上に描き加える。私は最終的にこのとがったパステルスティックを使い輝いている真鍮の旗竿を描く。

蒸気船の船体を走る赤いラインのために、私は13C1(パーマネントレッド)を最高に尖らせて使う。私は、他の船の上にいくつかの旗を示すのに、32C1(ウォームグレイ)を使用する。私は風になびいているそれらの旗が、すべて同じ向きになるよう気を配る。この色は、旗の色としては暗すぎると思う人がいるかもしれないが、さらに暗い水の色と十分なコントラストを示している。私は、ボートが水の上に起こしたさざなみにもこの色を使用する。

私は、この風景画の中の一番明るいハイライトのために、32A5(ホワイト)を選ぶ。私は船主にはねる水と、はためく二三の旗にハイライトを入れる。

私は今、特別な質感と最も細かいディテールをあらわせるエッチングのテクニックを使用する。そのために、あなたは片刃のカッターナイフを必要とする。私は慎重に手前にある帆のエッジをかき落し、シャープなラインを作る。そして、私は、帆自体のキャンバス地の質感を出すために帆の上を十字に引っ掻く。このテクニックが効果を上げるには、オイルパステルの層が分厚く塗られていなければならない。また、分厚く塗られたオイルパステルの層は、紙の表面まで不注意に削られるのを防ぐ。

ここで、ちょっと一息入れて、新鮮な目であなたの絵を分析しなさい。そうしたとき、私自身の場合は、風景画の各モチーフの大きさを明確にして、全体の場面をよりおもしろくするために、何人かの人の姿を追加しようと決めた。私は、チャイナマーカーを使用し、ボートの上に、船員を描いた。チャイナマーカーを使うときは、慎重に筆圧をコントロールしなさい。--それは簡単に折れる。

そこでは、あなたはそうする。--ちょっとした作業だが、それだけの、価値があったでしょう! あなたはすてきな風景画と新しく習得したオイルパステル画の専門的技術を持っている。私はあなたから連絡をもらって、あなたの創作の手伝いができることを楽しみにしている! 以下のアドレスへどうぞ:

John T. Elliot, opa
Oil Pastel Association
Box 587
Nyack, New York 10960