Landscape[風景画] 描画技法のメニューに戻る/ステップ 1<< 2<< 3 >>4

Landscape Demonstration(原文)

Step 3

landscape step 3

In Step 3, we will work on re-establishing the drawing and introducing detail, especially on the ships.

At this point, I would like to mention the use of china markers. Traditional, or chalky pastel, sticks can be supplemented by pastel pencils -- essentially, small amounts of pastel encased in a wooden sheathing. These are used for fine detail painting. Oil pastellists do not have a similar aid as yet. China markers, which come in a surprizing variety of colors, including black and white, when purchased through a major art supply store, can come in very handy. I use them for superfine detail, as well as occasionally for some blending.

I start my detail drawing by using 32B4 (Non-color #2) to underpaint the whiteness of the vessels. Of course, I will not use an actual white yet; this is reserved for highlighting in Step 4. I simply want to make the boats more visible and suggest some motion. This last I do by suggesting the wave that is produced when each boat moves through the water.

To create the round housing on the side-wheelers, I use both 32B4 (Non-color #2) and 32C1 (Warm Gray). I vary these two colors to suggest differences in color of the ships themselves. I use 32C1, the darker gray, for the superstructure so that there is enough contrast between that and the main body of the ship.

The structure of the big paddle wheel itself is very interesting visually. To express it, I sharpen a small piece of 32B4 (Non-color #2) by making sharp edges with a single edged razor blade. This enables me to make precise lines in this portion of the drawing.

Having suggested the body of the ship, I now use Black, 32A1, to indicate the chimneys on the paddle wheelers. I cut a very small piece, about 1/4 inch long. I apply this in very small square strokes, all the way along the height of each chimney, from left to right. This technique gives me an interesting quality to this detail.

I use 32A1 (Black) also to indicate the smoke coming out of the chimneys. It appears to be quite dark but I plan to subdue it later.

At this point I suggest the white on the water, and the partial reflection of the white part of the ships in the river itself. For this I choose 32C5 (Warm Gray).

With 32A1 (Black) I indicate the structure that moves the paddle wheels and the engine area. I make another cut in my pastel stick to create a sharp enough edge to do precise drawing of the marvelous Victorian details. For all of this work I am careful to use controlled pressure and interrupted lines, so that I avoid mechanical drafting effects and instead preserve a painterly creative effect.

I emphasize these ship details with 5A1 (Hansa Yellow). Again, I sharpen the stick so that I can do more precise work than I usually do. I would note that this particular color also contributes to the overall cheerfulness of the scene.

I use 10B1 (Vermilion) to indicate a bright piece of machinery on the boat. This vermilion becomes absolutely vibrant against the blue gray backgrounds. It also helps to give a cheerful, festive air to the composition.

The flags I also indicate with 10B1 (Vermilion), making sure that they seem to flutter gaily in the wind. For the American flag, I underpaint with 5A5 (Hansa Yellow) and 32B5 (non-color #2). I use the colors heavily, because I don't want any paper texture to show through the flag. The effect of cloth will be expressed through oil pastel alone.

I now switch from darks to white, 32A5, for the ship details. As you can see, this white detail makes the picture much more sparkly, much more exciting. I do the same with the prow of the ship. I thereby emphasize the sleek form of the hull.

I occasionally have to sharpen my pastel stick by making a new cut with my blade.

Even though I am making sharp details, I am careful to keep the receding lines softer than the closer lines.

I now suggest the supporting poles of the deck canopy. I reinforce the detail of the machines that drive the paddle wheels. There are some supporting cables that run from the chimney to the upper structure of the boat. The china marker is perfect for this type of detail.

Finally, I put some attention into the sailboat on the right side of the painting. I rely on my china marker for the detail of the rigging. China markers are very simple to use -- you just draw on top of the underpainting. Be careful though. Don't make the details too dark or overwhelming. Just suggest the rigging. The sailboats are not, after all, the center of attention of your painting. You cannot allow any details to steal the scene.

At this point, with essential details drawn in, we are ready for the fourth stage of this painting -- the final touches.

風景画デモンストレーション

ステップ 3

ステップ3では、我々はデッサンを完成させ細部の描写に進む。特に船に力を入れるつもりである。

ここに、私はチャイナマーカー(ポートレイトの中で説明済み)の使用について言及したい。伝統的な(チョーク状の)パステルにおいて、パステル鉛筆が補助的に使われる。それは、木軸のなかに細い少量のパステルが収められている物だ。これらは細かなところの描写に使用される。オイルパステル画家には、まだ、このような補助的な商品がない。チャイナマーカー(白黒はもちろん、びっくりするほど色数がそろっている)は、大きな画材店で買うことが出来、とても便利に使うことができる。私はすごく細かなところや、時には、混色にもそれらを使用する。

私は、白色の船の下塗りに32B4(無彩色#2)を使用して、細部を描き始める。もちろん、私はまだ実際の白を使用するつもりでない;それはステップ4のハイライトを入れる段階まで取っておく。私はボートをよりはっきり見えるようにして、そこに何らかの動きを加えたい。各ボートが水の上を動くとき発生する波を最後に描くことでその動きを表現する。

蒸気船の甲板にある丸い船室を描くために、32C1(ウォームグレイ)と32B4(無彩色#2)の両方の色を使う。船体と上部構造の間に、十分なコントラストが生まれるよう、私は、32C1、より暗いグレーを上部構造に使用する。

大きな水車は、その構造自体が見ていて非常におもしろい。それを描写するために片刃のかみそりで32B4 (無彩色#2)の短いスティックを削って尖らせる。それを使えば、私が絵のこの部分で正確な線を描くことができる。

船のボディーを描いたので、私は今度は、ブラック32A1を使って蒸気船の上に煙突をつける。私はスティックを非常に短く、およそ1/4インチにカットした。私は煙突の高さに沿って左から右に非常に小さいこのスティックを動かし、正方形の跡をつける。このテクニックはこの絵の細部におもしろい効果を与える。

私は、また煙突から出て来る煙を描くのに、32A1(ブラック#1)を使用する。かなり暗いように見えるが、私は、後でそれを和らげるつもりだ。

河の水の白い部分、および船の白い部分が反射してできた河の上の白い部分がある。これのために、私は32C5(明るいウォームグレイ)を選ぶ。

32A1(ブラック)を使い、私は水車を動かす構造とエンジン部を描く。私は、ビクトリア調のすてきな飾りを正確に描くために、もう一本のパステルスティックをカットする。この作業のすべてについて、圧力をコントロールし、途切れた線を使うよう気をつける。その様にして、私は機械的な表現を避け、代わりに絵の中に画家らしい創造的な表現を残す。

私は5A1(ハンザエロー)を使いこれらの船の細部を強調する。再び私は、いつもよりもっと細かい作業ができるよう、スティックを尖らせる。この黄色は風景画全体を陽気にするのに役立つだろう。

私は、ボート上の機械の明るい部品を描くのに、10B1(バーミリオン)を使用する。この朱色は青い暗い背景に対して絶対に目立つ。また、それは、愉快で、祝祭の雰囲気を構図に与えてくれる。

風で華やかにはためいて見えるように、10B1(バーミリオン)を使って、旗を描く。アメリカ国旗なので、5A5(ハンザエロー)と32B5(無彩色#2)を使い下塗りする。紙が透けて見えないように色をたっぷり塗る。布の感じは、オイルパステル単独で表現されるだろう。

私は、船の細部を描くために暗い色から白32A5に持ち替える。この白で描いたディテールが絵をはるかに輝かしく、そして、はるかにおもしろくするのがあなたにもわかるだろう。私は同じように船の船首を処理する。それから、私は船体の外観がつややかに見えるよう強調する。

私は、時折、かみそりの刃を使い、パステルスティックをカットして尖らせる。

細部を明確に描くときでも、私は手前にあるラインより、奥にあるラインを少しぼかして見せるように気を配る。

私は、デッキ天蓋を支えている柱を描く。私は推進用水車を動かしている機械の細部をさらに描き込む。煙突からボート最上部の構造体までのびているケーブルがある。チャイナマーカーはこのような細部の描写にもってこいだ。

最終的に、私は絵の右側に位置する帆船にちょっとアクセントを入れる。私は索具の細部の描写にチャイナマーカーを使う。チャイナマーカーは使用するのが非常に簡単である。--あなたは下塗りの上にそのまま描くだけでいい。でも、注意しなさい。詳細を暗くしすぎたり描き込み過ぎたりしては、いけない。索具は、なんとなくそこにあるのがわかれば良い。帆船は結局あなたの絵の中で、注目を集めてはいけない。あなたは絵の細部が絵全体をかっさらうことを許しはしないだろう。

必要なディテールは描き込まれた。ここから、第四ステージ‐仕上げの段階‐に、入ろう。