Portrait 3

portrait step3

ステップ 3 「色の大きな塊、肌と髪」

オイルパステルでは、全体的な肌の基底色として#26H5(明るいレッドオーカー:一般名ジョンブリアン:訳者注)を選ぶ。隙間を空けないように上下に動かし、たっぷりと施す。腕の動きを制限しないようにし、腕の長さを生かして作業する。十分な圧力をかけて隙間を空けないようにスティックを往復させることで、ソフトパステルで童謡のテクニックを使うときよりもさらに、色を均一に乗せることができる。しかし、ある種の紙では、そうしてもなおストロークの端に沿って紙が透けて見えるピンホールを残すこともある。

唇にも同じ肌の色を塗ると後になって統一感が出る。口も顔の一部であることを忘れてはいけない。

髪の生え際、逆光付近の顔の側面、ほお骨の位置の明るい部分は、特に重要なので力を入れて塗る。 この作業をやっておくと他の色で塗り重ねるのが自由にできるようになり、ぬりむらのない画面を作ることができる。顔のほかの部分との統一感を出すため、下塗りとして白目にも肌の色を塗る。

次は、#26H1(濃いレッドオーカー)を使い、髪全体を描く。質感と細部を無視して、私は髪を一塊として扱う。

私は、頬骨を描写するのに同じカラー#26H1を使いほおの領域にも手を加える。頬骨部分の取り扱いがオイルパステルの重要な一面を物語っているのに注意しなさい--私が重色を行うと、同時に少し混色を行うことになる;上に重ねた色の層が少々軟化変形することによって。オイルパステルでは、あなたは網目模様を描いて目の網膜上で混色するという方法に依存する必要はない;あなたは実際の絵の制作過程において、自分の色を混ぜて、混色することができる。このようにして、あなたはあなたの経験を利用することができる。 オイルパステルを用いて絵を描くことにより、あなたは、絵の上で直接混色する方法を教わる。それは、あなたが他の描画材においても、 より上手に描く手助けになるだろう。

私は、まゆと口にも同じカラー#26H1を使用する。私はデッサンした形が少々失われることを気にしない。 それは後で修復すれば良い。あなたがデッサンと着色を同時にやっていることを忘れないで。(パステルを使っているときはね。)

STEP 3. OIL PASTEL - COLOR MASSES, FLESH AND HAIR(原文)

In oil pastel, I select #26H5 establish the overall skin tone. I apply it generously, in primarily up and down, close together strokes. I work at arms length so that I'm completely free to work all over the painting and not be limited in my movements. As you can see, these even-pressured, close together strokes give much more cover than when using the same technique in soft pastel. Although some paper shows through, it tends to be random patches instead of along the stroke edges.

I even apply this flesh color over the lip area. Don't forget, the mouth is part of the face and this underpainting will help unify the effect.

In some key areas, such as along the hairline, at side of the face near the backlight, and at the cheekbone highlight, I apply more pressure. This gives a more liberal application of the oil pastel and produces an almost opaque area. I paint the white of the eye with this same flesh tone - as an underpainting, this will later serve to unify the eye with the rest of the face.

Now am going to work to establish the overall hair area, selecting #26H1 for this task. I treat the hair as one unit, ignoring texture and details.

I slightly intrude into the area of the cheek with the same color #26H1, to delineate the cheekbone. Note that the handling of the cheekbone area illustrates an important facet of oil pastel - as I covered one color with the other, a slight amount of blending took place ; just enough to slightly soften and modify the covering color. In oil pastel, you do not need to rely on cross-hatching and visual color blending ; but you can mix and blend your colors during the actual painting process. In this way, you can utilize your experiences in brushpainting. Painting with oil pastels teaches you to mix your colors directly on your painting, which will help you to paint better in other mediums.

I use the same reddish color #26H1 to indicate the eyebrows and mouth..I am not worried if some of the drawing gets lost. That will be restored later. Remember, with pastel, you are drawing and painting at the same time.