Portrait 2 描画技法のメニューに戻る/ステップ 1<< 2 >>3 >>4 >>5 >>6

portrait step2

ステップ 2 「逆光」

これは逆光効果を狙ったちょっと珍しい肖像画である。 逆光というかわった主題のために、私は、最初に絵の最も明るい領域を示すことにする。 私は逆光に浮かぶ髪の最も明るい調子を描き、次に、それを基準にして他の部分の明るさを調整するつもりである。

私が絵を描くのにソフトパステルかオイルパステルかを使うことに関係なく、純白(のスティック)を使用する。 私は、 四角いスティックのエッヂを使い細い線を描く。より広い面を塗るには、2.5センチほどに折ったスティックの側面を使うことをお勧めする。 私は白色で下地をカバーするために、意識して、スティックを強く押し付けるようにする。 パステルを粉がたくさん出るように紙の表面に押し付け、顔料を紙の目に押し込む。 意味のある形になるようスティックの動きに気を配り、躍動感を損なわないように努める。 私は劇的効果を捜し求めている。

もしあなたがいつもは、パステルを使っていて今初めてオイルパステルを使うのであれば、オイルパステルをいつものパステルと同じように使いこなせると考えてはいけない。 ソフトパステルのときに比べ、よりしっかりとした圧力を加える必要がある。 だれもオイルパステルを使うときのこの重要な違いについて教えてくれないならば、あなたはきっと失望することになるだろう。 いったん、ソフトパステルとは違った使い方がオイルパステルには必要であると分かれば、もう困難を感じることはない。 もちろん、だれも、チョークパステルとオイルパステルを同じように使えると期待するべきでない。しかし、あなたは異なるテクニックを用いて同じような効果を生み出すことができる。

これ以降、私はオイルパステルの段階的なデモンストレーションからソフトパステルデモンストレーションを分離させ、別々に続けるつもりである。(訳者注:原書では、オイルパステルのデモンストレーションと平行して、ソフトパステルのデモンストレーションも掲載されている。ここでは、ソフトパステルの製作過程の画像は載せていない。)

STEP 2. BACKLIT HIGHLIGHTS(原文)

This is a special effect portrait, unusual for its striking backlighting. Because of the unusual backlighting of this subject, I chose to indicate the brightest areas of the painting first. I establish the highest notes of the backlit hair, and then will adjust my other values accordingly.

l use pure white, whether I paint in soft pastel or oil pastel. I use the edge of the square stick for the narrower lines, and suggest the larger areas with the side of a stick which I have broken to a one-inch length. I use purposeful strokes with good pressure to achieve heavy cover of the white. I really grind the pastel into the surface, leaving lots of pigment. I try to keep a feeling of motion in the strokes, designing an interesting shape. I am searching for a dramatic effect.

If you are a soft pastellist working with oil pastels for the first time, you cannot expect oil pastel to behave in the same way as soft pastel. I suggest that you apply firmer pressure than you are accustomed to in your soft pastel work. If no one tells you about this important difference in how to apply oil pastel , you can become frustrated. Once you become used to the idea that oil pastel needs to be worked differently than soft pastel you should have no difficulty.

Of course, no one should expect chalk pastel and oil pastel to work in the same manner, but you can achieve similar effects using different procedures. At this point, I will continue the soft pastel demonstration separately from the oil pastel step-by-step demonstration.